安心できる野菜・果物

【注目】3種類の活性酸素を除去する「超抗酸化力ほうれん草」

更新日:

体内でできる「活性酸素」を強力に除去する当農園の「超若返りほうれん草」の驚くべき力

体の中でできる「3つの活性酸素」とは?

 

こんにちは

体質改善アドバイザー&農家の小野です。

 

今日は、体の中でできる活性酸素についてとそれを除去する食品についてお話します!

 

 

 

体内でできる活性酸素は、以下の4種類あります。

 

・スーパーオキシド

・過酸化水素

・ヒドロキシラジカル

・一重項酸素

 

これから、この活性酸素について詳しく見ていきましょう!

 

ミトコンドリアのエネルギー産生時に発生するスーパーオキシドとは?

 

まずは、活性酸素のひとつ、「スーパーオキシド」です。

スーパーオキシドは、主にミトコンドリアでエネルギーを産生する時に発生します。

 

ミトコンドリアってなんとなく昔、理科の時間に習いませんでした?

聞き覚えのある方は多いと思います。

 

ミトコンドリアは、呼吸により取り入れた酸素を使って、人間が活動するためのエネルギーを作り出しています。

 

その際、取り入れた酸素の約95%は消費されるのですが、そのうちの2%程はスーパーオキシドという活性酸素になります。

スーパーオキシドは、ウイルスや細菌などの外敵を攻撃する好中球やマクロファージによっても作られます。

 

我々の身体を守るのに大変重要なものです。

 

他の活性酸素と比べて、酸化活性はあまり高くありません。

ですが、身体の中でそのままの状態であるのはあまりよくないので、体内ではSODという酵素により過酸化水素に還元されます。

 

過酸化水素

過酸化水素は、スーパーオキシドがSODによって還元されて生み出されます。

過酸化水素はスーパーオキシドよりも高い酸化活性を持っていますが、後述するヒドロキシラジカルよりは酸化活性が高くありません。

生体内防御のため、カタラーゼやペルオキシターゼといった生体内の抗酸化酵素によって、水と酸素に分解されます。

 

ヒドロキシラジカル

ヒドロキシラジカルは、酸素分子から紫外線によって生成されたり、過酸化水素から金属イオンを触媒に変換される、酸化活性の高いフリーラジカルです。活性酸素の中でもっとも酸化力が高く、がん細胞の発生や老化、生活習慣病の原因になっているといわれています。

しかしながら、スーパーオキシドに対するSODや過酸化水素に対するカタラーゼやペルオキシターゼのようにヒドロキシラジカルを分解する働きのある抗酸化酵素はありません。

ヒドロキシラジカルは、グルタチオンやR-αリポ酸、コエンザイムQ10といった抗酸化物質によって消去されます。

 

一重項酸素

 

ヒドロキシラジカルと同様に、酸素分子から紫外線によって生成されるのが一重項酸素です。非常に高い酸化活性を持っていて、脂質を酸化させるほか、肌のコラーゲンを酸化させ、分解します。

このことからシワの発生に関与しているといわれています。

 

一重項酵素の消去には、アスタキサンチンがすぐれた力を発揮すると報告されています。

 

いずれも強い酸化力で正常細胞に悪い影響を及ぼします。

癌や活習慣病等と関連性があると言われています。

 

人間が呼吸するときに吸い込んだ酸素の2%が活性酸素「スーパーオキシド」になると言われています。

つまり、普通に生活しているだけで「スーパーオキシド」は生成されます。

 

このように普通に生活している時に生成されるスーパーオキシドは、体内の防御酵素であるSODにより消去されます。

ですが、生活環境の悪化により、過剰にスーパーオキシドが作られた場合は、体内のSODの除去能力が追いつかなくなるのです。

つまり、活性酸素が異常に体内に蓄積してしまう状態になります。

 

そこで、過剰に増えてしまったスーパーオキシドを除去するため、SODを補う意味で食品などから活性酸素の除去物質を補おうということになるのですが、これがいわゆるアンチエイジングです!

 

では、どのような食品に活性酸素の除去能力があるのでしょうか?

一般的なものをまず見ていきましょう!

 

 

食品に含まれているスーパーオキシド消去物質の検索が熱心に行われてきました。

 

食品に含まれる消去物質として

・野菜など植物素材に含まれるアスコルビン酸(ビタミンC)

・フラボノイド類

・ワインやお茶に含まれるポリフェノール

などがあげられます。

 

 

現在、様々な研究機関がいろんな食品から新しい活性酸素を除去する物質を見つけようと頑張っているので、

これからも新しい活性酸素を除去する食品が見つかることでしょう!

 

 

さて、食品のスーパーオキシドの除去能力はどうあわらわされるのでしょうか?

 

実は全ての食品を同じ規格で比較できるように

1U(単位)のSODに相当するスーパーオキシド消去能力を「1SOD」

として測定する方法が一般的となっています。

 

これが「SOD様活性」で、性能比較が容易なため機能性食品の性能比較でよく利用されています。

 

今回の野菜の健康診断では、デザイナーフーズ株式会社に依頼して、感度や特異性に優れている電子スピン共鳴法(ESR法)で行ないました。

 

ESR法による野菜の健康診断結果も最後に載せていますので見てくださいね。

 

その他の活性酸素について

 

ヒロドキシルラジカルについて

 

ヒドロキシルラジカル (hydroxyl radical) はヒドロキシ基(水酸基)に対応するラジカルである。•OH と表される。いわゆる活性酸素と呼ばれる分子種のなかでは最も反応性が高く、最も酸化力が強い。糖質やタンパク質や脂質などあらゆる物質と反応する。しかし、その反応性の高さゆえ通常の環境下では長時間存在することはできず、生成後速やかに消滅する。

過酸化水素への紫外線の照射や、酸性条件で過酸化水素と二価の鉄化合物を触媒的に反応させる方法(フェントン反応)によって生成される。

人体からヒドロキシルラジカルを除去する物質にはベータカロチン、ビタミンE、尿酸、リノール酸、システイン、フラボノイド、グルタチオンなど抗酸化物質がある。

OHラジカルは、パナソニック、ダイキン、シャープなど数社が各種空気清浄機などにおいて有害物質除去に働いていると主張している。

ウィキペディアから引用

 

一重項酸素について

 

一重項酸素は活性酸素の一種とされるが、軌道上の単独の不対電子を持たず、フリーラジカルではない。空になった電子軌道が電子を求めることにより強い酸化力を持つ。エネルギー準位の低い最低空軌道(LUMO)を持つことになるので、ジエンとディールス・アルダー反応を行い環状ペルオキシドを形成したり、二重結合とエン反応してヒドロペルオキシドを形成したりする。

生体内においても、紫外線を浴びたりすることにより体内の色素が増感剤の役目をして一重項酸素が発生することがある。一重項酸素は生体分子と反応して破壊してしまうので、生体はこれを除去する機構を備えている。生体内から一重項酸素を除去する物質にはβ-カロテン、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、尿酸などがある。

ウィキペディアから引用

 

紫外線がきつくなってくる5月の上旬に、僕が肌荒れをおこしていたことにも、おそらくこれらの活性酸素の増加が原因の一つになっていたのではと確信しています。

 

体質改善を行うにあたり、活性酸素を除去するバナナやフルーツ、レモンなどのビタミンCなどを多く含んだ食品を食べていることもこれらの症状を軽くさせている理由のひとつでしょう!

 

今年の5月にトマトの苗を植えているときは、いつもと違い、肌荒れもなく、かゆみもそれほどありませんでした。

活性酸素が体内で除去されている証拠ではないかと思っています。

 

現在作成中

-安心できる野菜・果物

Copyright© 【元気野菜の腸発酵】農家のアトピー体質改善健康法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.