体質改善

糖尿病発症のメカニズムと糖尿病を改善する農家おすすめの生野菜食事法

更新日:

糖尿病は遺伝?一生付き合わないといけない?それは本当のことなのか?

 

糖尿を生野菜食で改善させる!農家が本気で実践するその方法とは!

 

こんばんは

体質改善アドバイザー&元気な野菜農家の小野です。

今日は、糖尿病を野菜で改善するお話です。

 

はじめに申し上げておきたいことがあります。

糖尿病には、「1型糖尿病」と「2型糖尿病」があります。

 

1型糖尿病は、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を成因とする糖尿病である。以前は「インスリン依存型糖尿病」や「小児糖尿病」とも呼ばれていた。各種糖尿病のうち5~10%を1型が占めている。

生活習慣の影響による糖尿病の2型糖尿病とは異なり、1型糖尿病は生活習慣とは無関係の自己免疫性疾患などが原因とされ、原因は異なるが同じ糖尿病の病態を示す。膵臓にあるβ細胞は、血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンを分泌している。ところが、何らかの原因によりこのβ細胞が破壊されてしまうと、インスリンの分泌が極度に低下するか、ほとんど分泌されなくなり、糖尿病を発症する。インスリンが機能しないため血糖値が上昇し、糖尿病性昏睡などの急性のものから、糖尿病性腎症などの慢性のものまで、さまざまな合併症を引き起こし、最悪の場合死に至る。20世紀前半にインスリンが治療応用されるまでは、極度の食事制限を要する致死的疾患の一つであった。

予防法は分かっていない。根治法はなく対症療法が行われる。

ウィキペディアより

 

2型糖尿病は、高血糖症、インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の長期的代謝異常である。一般的症状は多渇症(異常な喉の渇き)、多尿症、原因不明の体重減少である。その他の症状には多食症(空腹感の増加)、疲労感、傷が治らない又は治りにくいことが含まれる。ほとんどの症状は少しずつ現れる。長期の高血糖症による合併症には、心疾患、ストローク、糖尿病網膜症 があり、結果的に失明、腎不全、手足の血流の悪化による手足の切断などがある。非ケトン性高浸透性昏睡状態が突然発症することがあるが糖尿病性ケトアシドーシスは稀である。

2型糖尿病の1番の原因は肥満と運動不足である。人によっては遺伝的になりやすい場合がある。糖尿病の約90%が2型糖尿病であり、その他10%は1型糖尿病と妊娠糖尿病である。1型糖尿病は膵臓にてランゲルハンス島が分解され絶対的インスリン不足になる病気である。糖尿病の診断は空腹時の血糖検査、経口ブドウ糖負荷試験、または グリコヘモグロビンテストなどの血液検査がある。

2型糖尿病は正常な体重の維持、定期的な運動、適度な食生活によって部分的に予防できる。 治療には運動と食事療法が含まれる。血糖値が十分に下がらない場合、薬剤のメトホルミンが勧められるのが一般的である。最終的にインスリン注射が必要な人がほとんどである。インスリン注射をしてる人は日常の血糖値検査が勧められるが、薬剤を服用している人は必要ないことがある。 肥満の人は減量手術をすることによって糖尿病が改善されることが多い。

ウィキペディアより

 

今回、この話で対象としているのは、「2型糖尿病」です。

 

上述しているとおり、1型糖尿病は生活習慣とは無関係の自己免疫性疾患などが原因とされるため、一応、この話の対象からは除外します。

あらかじめご了承下さい。

 

糖尿病患者は、凄い勢いで増え続けています!生活習慣への危険信号と認識すべきです!

 

さて、2型糖尿病の話に戻ります。

 

糖尿病患者は、厚生労働省のホームページ

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/14/index.html

によると、316万6,000人とありました。

 

しかも、前回調査より46万人以上増えているらしいです。

えっ、たった3年で? これはとんでもない増え方だと思います。

 

 厚生労働省が3年ごとに実施している「患者調査」の平成26年調査によると、糖尿病の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は、 316万6,000人で、前回の調査よりも46万人以上増加しました。

性別では、男性176万8,000人、女性140万1,000人で、前回の調査に比べて男性で約30万人、女性で約20万人の増加となりました。

総患者数とは別に、推計患者数(この調査を行った日に全国の医療機関で治療を受けたと推測される患者数)をみると、外来が22万2,300人に対して入院は2万900人でした。

一般社団法人日本生活習慣病予防協会のページより

 

実は僕の家系には糖尿病を患っている人が多く、ごく身近な身内も糖尿病です。

 

なので、僕自身もずっと糖尿病は遺伝であり、いつかは自分もなるのではないか?

と思っていました。

 

そして医者には、

「糖尿は、一生付き合っていく病気。」

と言われ、ずっとそう思い込んで生きてきました。

 

今もその身内は、毎日インシュリンを打ち続ける生活をしています。

 

ですが、僕自身がアトピーを克服しようと体質改善について勉強し、そのアトピーを克服した今思うことは、

糖尿病は、もしかすると克服できる病気ではないのではないか?

と言うことです。

 

今日はそれについて、プロの野菜農家として真面目に考察していきたいと思います。

 

なんで2型糖尿病になるの?その発症のメカニズムは?

 

2型糖尿病を改善するためには、まず、敵を知る必要があります!

 

2型糖尿病とは、高血糖症、インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の長期的代謝異常です。

肥満と運動不足が原因でなるとされています・・・・

 

肥満と運動不足ということは、生活習慣が悪い

つまり、不摂生により2型糖尿病になるということです。

 

不摂生とは、どういうことなのか?

不摂生チェックリストがあります!あなたはいくつ当てはまるかな?

 

最近太ってきた・ダイエットしてもなかなか痩せない
野菜や海草類をあまり食べない
お酒の飲み過ぎ
ジュースや栄養ドリンク剤をよく飲む
3時のおやつは欠かせない
運動不足
脂っこいものが好き
ゆっくり休めない
甘いものが大好きだ!
ストレスがたまっている
40歳以上である
食事時間が不規則
食べるのが早い

 

 

-体質改善

Copyright© 【元気野菜の腸発酵】農家のアトピー体質改善健康法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.